Internet
の最終形態

PRIVACY. SECURITY. FREEDOM.

フォーラムに参加するビデオを見る

The World's First Autonomous Data Network

ALPHA 2 がローンチされました。
TRY NOW

SAFE Networkとは?

SAFE(Everyone For Secure Accessの略です)Networkは、完全な非中央集権型、ないし分散型のP2P(ピア・ツー・ピア)ネットワーク・インフラを実現する技術です。既存のインターネットと比較して、サーバーへの依存関係の一切をネットワークユーザーのスペアコンピューティングリソースに置き換える、完全分散型のネットワークです。SAFEネットワークのインスピレーションは、自然における蟻のコロニーの社会構造の観察から着想を得られました。このアイデアから分散計算ネットワークの複雑なネットワーキング・トラッキングの処理問題に対して、シンプルで本質的な解決策をもたらしました。SAFENetworkは分散計算ネットワークとしては高速であり、世界一安全で、かつスケーラブルです。

Safe Network Logo
Safe Network Logo

SAFE Networkとは?


SAFE(Everyone For Secure Accessの略です)Networkは、完全な非中央集権型、ないし分散型のP2P(ピア・ツー・ピア)ネットワーク・インフラを実現する技術です。既存のインターネットと比較して、サーバーへの依存関係の一切をネットワークユーザーのスペアコンピューティングリソースに置き換える、完全分散型のネットワークです。SAFEネットワークのインスピレーションは、自然における蟻のコロニーの社会構造の観察から着想を得られました。このアイデアから分散計算ネットワークの複雑なネットワーキング・トラッキングの処理問題に対して、シンプルで本質的な解決策をもたらしました。SAFENetworkは分散計算ネットワークとしては高速であり、世界一安全で、かつスケーラブルです。

SAFE NETWORKの特徴


SAFE(Everyone For Secure Access)ネットワークは、ユーザーのハードドライブ領域、CPU処理能力、データバンドを要素として構成されています。既存のインターネットでは利用できないレベルのセキュリティとプライバシーを持ち、サーバーに委ねず、あなたの大切なデータを管理することを可能にしています。

ログインによるサーバーの存在しない究極にセキュアなネットワーク

ログインによるサーバーの存在しない究極にセキュアなネットワーク

パスワードをサーバーへ預ける必要はなく、かつアクセスする際に第三者の許可を求める必要はありません。あなたの情報とそれへのアクセスは、あなたのものです!

ネットワークにビルト・インのセキュリティでデータを利用できる

ネットワークにビルト・インのセキュリティでデータを利用できる

Safe Networkは、監視プログラムが常に各データの複製コピーを保持するようにプログラムされています。ユーザーがコンピュータをオフにすると、ネットワークはより多くのコピーを作成してネットワークの他のマシンに保存し、ユーザーは常にそのファイルにアクセスできます。

需要の高いデータをキャッシュしてゆく分散型ネットワーク

需要の高いデータをキャッシュしてゆく分散型ネットワーク

SAFEネットワークは完全に分散化されており、あなたのデータは世界中の異なるデバイスへ、分散され保存されます。これにより、弱点となるサーバーを持たずにネットワークを構成することが可能となり、クラッカーによる攻撃に対して弱点のない、頑強なセキュリティに守られることができます。

重複するデータは自動的に整理されてゆきます

重複するデータは自動的に整理されてゆきます

ファイルがアップロードされると、同じファイルをアップロードした他のユーザーは自動的に元のファイルに参照され、コピー数を制限し、ネットワーク全体に必要なコンピューティングリソースを節約します。

ネットワークに参加すると報酬が得られる

ネットワークに参加すると報酬が得られる

未使用のコンピューティングリソースをSafeNetworkへ提供すると、SafeCoinという暗号通貨があなたのアカウントへ支払われます。

アプリケーションも分散化される

アプリケーションも分散化される

SafeNetworkの開発エコシステムはすでに数多くの成果を生んでおり、SafeNetwork用のAPIを使用しているサードパーティの開発者はすでに数多くのエキサイティングなアプリケーションを生み出しています。

自己暗号化
あなたのデータは自動的に暗号化されます。


ネットワークにアップロードされたファイルは断片化し、暗号化され、
ネットワークを介して配布されます。このプロセスは自己暗号化と呼ばれています。


Safecoinは新しい暗号通貨です。SafeNetworkをエンジンに喩えるならば、その活動を支えるオイルであると言えます。SafeNetworkはすべての参加するユーザーが提供するリソースに対して、その価値を担保するように構築されています。どのように動作するかを一緒に見てゆきましょう。

Global distribution without human intervention

ネットワークのみによる人為操作を介さない通貨流通

SafeCoinは、完全に、SafeNetwork内のアルゴリズムによって配布されます。生身の人間はその過程に関与していません。一度に流通するのは43億単位のコインだけで、それぞれ固有の自己同一性を機能的に保証されています。Safecoinsは、ユーザーがネットワークサービスのために消費する際にネットワーク内の別の場所でまた再発生し、常にどこかのユーザーに対してのための供給が確保されます。

ファーミング:新しいクラウド・インターネットのためのインセンティブ

Safecoinsは、ユーザーがSafeNetworkに対して提供するインセンティブとしてユーザーへ付与されます。リソースとは、暗号化されたネットワーク上に置かれるあなたのストレージスペース、CPU、バンド帯域幅、およびオンライン時間です。リソースを提供し、SafeCoinを受け取るプロセスは「ファーミング」と呼ばれます。暗号化されたネットワークデータの各部分は、ファーマーのコンピュータ上のデータストレージおよび管理場所である、ファーマー(ユーザー)に帰属するの「Vault」に保管されます。 SafeNetworkは、これらのリソースが自己管理されるするように設計されています。

Farming
Resource based economy

提供したリソースで収入が決定する

ユーザーのアップロードしたデータに対してもし需要が発生すれば、SafeNetworkはユーザーに対してsafecoinを支払います。この支払いは、データが取り出されるたびに行われるのではなく、ランダムに報酬を受ける宝くじのようなものです。 safecoinは、ネットワークによって、Vaultに(暗号化され)結びつけられたユーザーのsafecoinウォレットアドレスに自動的に支払われます。ユーザーが獲得できるSafeCoinの量は、ネットワークに提供されているリソースの量と、コンピューターがネットワークに使用可能な頻度(オンになっているとき)と直接関連します。

プルーフ・オブ・リソースの概念

各ユーザーによって提供されるリソースは、それが利用可能であることを証明するためにSafeNetworkからに絶えずチェック信号が配信されます。これは、ランダムに行われます。ネットワークにコミットしたそのリソースがもはや利用できないことが判明した場合、SafeNetworkはそのユーザーのVaultのランクの評価を下し、SafeCoin報酬を再評価(下方修正)します。

Proof of resource
A new market place

新しい市場

ユーザはSafecoinsを消費してSafeNetwork上のアプリケーションを利用することができます。その支払いの一部はアプリケーション開発者へと送られます。 逆にSafeCoinを手放したくないユーザーによる需要が発生します。またはネットワークにリソースを提供したくない場合もあるでしょう(逆側の流通の指向性)。これにより、買い手と売り手の市場が形成され、ふぁーみんぐによりSafeCoinを獲得したユーザーは、獲得したそのコインを別の通貨へ決済することもできます。これらの取引は、交換所、別のSafeNetworkアプリケーション、または個人間の取引で行われます。


さあ、SafeNetworkへ参加しましょう、

フォーラムへ参加する

2017 MaidSafe Solutions